新生児の肌着は慎重に選択!【着せ替えのしやすいものを選ぶ】

必要最低限だけ準備して

衣類

用意するときの注意点

新生児とは、生後28日までの赤ちゃんを指す言葉です。産まれたばかりの新生児は体温調節機能が未熟なため、肌着の枚数を調節して体温調節をします。汗や皮脂も多いので、適宜着替えられるように何セットか肌着を買っておく必要があります。赤ちゃんが産まれるとなると、ついテンションがあがりたくさんの衣類やグッズを用意したくなってしまいます。肌着もその一環で、ついたくさんの肌着を買おうとする人も多いです。ですが新生児の時期は一瞬ですぎ、赤ちゃんはあっという間に大きくなるので、必要最低限に留めておくのがポイントです。新生児だと50〜60センチくらいの大きさを買うことになりますが、早いと生後二ヶ月でサイズアウトしてしまいます。産後一ヶ月はお母さんもなかなか動けないので準備しておかねばと思うかもしれませんが、ネットで購入するなどの手はあります。無駄遣いを防ぐためにも最初は最低限に抑えておきましょう。また、短肌着、長肌着、コンビ肌着などの種類がありますが、70以上になると便利なのはコンビ肌着です。新生児をすぎると赤ちゃんは足をよく動かすようになるので、足下がさばけているものでないとおむつが見えてしまいます。新生児がすぎるとお散歩など外気にふれることも勧められるので、最初からコンビタイプを買っておくのもありでしょう。ただサイズには注意が必要です。おさがりがあればおさがりだけで様子を見ても問題ありません。浮かれすぎず慎重に見極めましょう。

Copyright© 2018 新生児の肌着は慎重に選択!【着せ替えのしやすいものを選ぶ】 All Rights Reserved.